やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2021/01/12
控除対象扶養親族が年内に亡くなった場合の扶養控除の適用

[相談]

 令和2年分の年末調整で控除対象扶養親族とした父が令和2年12月30日に亡くなりました。
 既に年末調整は済んでいますが、会社へ申出て年末調整をやり直すことになるのでしょうか。


[回答]

 お父様がお亡くなりになった12月30日時点で控除対象扶養親族の要件を満たすのであれば、年末調整をやり直す必要はありません。


[解説]

 控除対象扶養親族に該当するかどうかの判定は、原則、その年の12月31日の現況によります。

 ただし、その控除対象扶養親族に該当するかどうかの判定の対象となる者が、その時点で死亡している場合には、その死亡の時の現況によります。

 このため、ご相談のケースでは、お父様がお亡くなりになった12月30日時点で控除対象扶養親族の要件を満たすのであれば、年末調整をやり直す必要はありません。


[参考]
所法85


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
            


     TKCホームページ

ビジネスリンク
便利
  地図:MapFan Web
  時刻表:どこなび
  宿泊:楽天トラベル
  天気:Yahoo!Weather
  ソフト:Vector
  ウイルス対策:JCSA
  文章:直子の代筆
情報
  日本経済新聞社
  朝日新聞
税務
  タックスアンサー
官公庁
  財務省
  国税庁
  金融庁
  厚生労働省
  国土交通省
  中小企業庁
  法令データシステム
  日本銀行


お問合せ
いせしま税理士法人 本店
〒516-0804
三重県伊勢市御薗町長屋714番地2
TEL:0596-21-2424
FAX:0596-21-0177

ご利用のブラウザのお気に入りに追加します。
( Internet Explorer のみ利用可能)


ご利用のブラウザのホーム(起動した時のページ)に設定します。( Internet Explorer のみ利用可能)